5月の子連れキャンプ!寝ても覚めても絶景の「ふもとっぱらキャンプ場」

5月の子連れキャンプは絶景のふもとっぱらへタイトル画像 camp

2019年5月に家族で静岡県富士宮市のふもとっぱらキャンプ場へ行ってきました!

chia
chia

憧れのふもとっぱら!

5月の子連れキャンプは絶景のふもとっぱらへタイトル画像

スポンサーリンク

持っていったギアと現地購入品

持って行った我が家のギア。基本的にはほとんどコールマンで揃えています。

chia
chia

ギアの詳細は、また別の記事で紹介します

家から持参したのは

  • ツールームテント
  • テーブル
  • 折りたたみ式ベンチ
  • リラックスチェア×2脚
  • ツーバーナーコンロ
  • キッチンセット
  • ランタン(LEDとガスを一つずつ)
  • インナーマット
  • 寝袋
  • 折りたたみ式のジャグ
  • ハンモック
  • クーラーボックス
  • ポットとコップ
  • 焚き火台
  • ワゴン
chia
chia

キャンプ始める時に、御殿場アウトレットで爆買いしました〜

kiki
kiki

初売りセールでね!

chia
chia

そうそう!お得でした。

ギアの紹介する時にお値段も書きます!

当日購入したもの

  • 食料と飲み物
  • おやつ
  • 手持ち花火
chia
chia

BBQセットは持っていきませんでした。だって、持っていませんから。

kiki
kiki

BBQしないんかい!

ふもとっぱらでは、スーパーで買ったお寿司や鉄火巻き、カップラーメン、インスタントの味噌汁などを食べました。

あとは、ビールとおつまみでとにかくダラダラ。

一泊のキャンプだと、テントの設営と撤収だけでも忙しくて、BBQまでやると全然ゆっくりダラダラできなくて、、、

chia
chia

去年までは、使い捨てコンロと焚き火台でBBQしてたんですが、今年のキャンプからはBBQをやめました!

子供がお肉をモリモリ食べるようになったら、BBQもやろうと思います!

ふもとっぱらは景色が最高!インスタ映えー

chia
chia

ふもとっぱらの良いところは、開放感と景色の素晴らしさ。

富士山が目の前です。

kiki
kiki

暗くなってもいい感じ。

chia
chia

ずっと同じ場所でダラダラ。動けなくて、同じアングルの写真ばかりになります。

ハンモックも必需品。

早朝もいい景色。

この景色と澄んだ空気で、心も身体もリセットします。

気温に注意!昼間は暑くて、夜は寒い

5月はまだ朝晩が寒く、子供はダウンジャケットも必要でした。昼間は暑いので、徐々に重ね着が出来るように、服は多めに持っていくと良さそうです。

インナーテントの中は、インナーマット&銀マット&寝袋で、暖かく眠れました。気温は9度くらいまで下がったみたい。昼間は25度くらい。

chia
chia

涼しくて快適でした。

気温は、出発前に天気予報などでしっかりチェックすることをおすすめします。

ふもとっぱらキャンプ場のフリーサイトは、今のところキャンセル料が発生しません※コテージはキャンセル料があります

chia
chia

天気が悪い日は延期もできるので、ぜひ富士山が望める天気の良い日に行って欲しい!

キャンプ場のお風呂事情

お風呂やシャワーのないキャンプ場も多いですが、ふもとっぱらキャンプ場は、混雑の日には無料でシャワーやお風呂を解放しています

chia
chia

私の行った日は、日曜〜月曜で割と空いていましたが、シャワーのみ解放していました。

備え付けのシャンプーとボディーソープ、ドライヤーが使えます。

chia
chia

ドライヤーが使えるのはポイント高いですよね!

料金とアクセス

ふもとっぱらキャンプ場

住所_静岡県富士宮市麓156
URL_https://fumotoppara.net/facilities
料金_2ルームテント4500円、ソロキャンプ2000円〜

公式ホームページより

テントのレンタルもあるみたいです。宿泊の予約は、公式サイトからできます!

アウトドア2年目の私たちでも快適に過ごせるキャンプ場でした。

chia
chia

また、7月末にも行く予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました